「訳あり」の食材・食品、ネット通販がおすすめの「訳」はココに有り。


「訳あり商品」ってコトバ、今ではすっかりなじみ深いものになりましたね。


そもそもこの「訳あり商品」、食品・食材からブームが始まりました。

その後は家電や家具・ファッションなど、さまざまな分野に広がりを見せているのはご存知のとおりです。


「理由あり商品」「規格外商品」など別の呼び方もありますが、中身はどれも一緒です。

一言でいうと「理由を明確にして販売される、規格外の商品」ということです。


決して中身に問題があるとか、賞味期限切れの商品というわけではありません

そもそもそういう商品は「訳あり商品」ではなく、「欠陥商品」ですから。


「規格外商品」は、市場に出回らないことが多くなります。

品質や機能は正規の商品と何ら変わりがないけれども、正規の流通ルートにのせて販売することができない、したがってそのぶん安い、という理屈になります。


こういう販売の仕方は、実は最近はじまったことでもなくて、結構な昔から行われていました。

ただし今日の「訳あり商品」ほどにオープンなものでなく、「非商品」「くず商品」として関係者の間でコソコソと処分されるという、雑な取り扱いがなされていました。


訳あり食材 通販


しかし時代は移り、不況も長期化してくると、消費者の考え方も変わってきます。

「理由さえはっきりしていて、納得のいくものであれば、規格外でも安く買えるほうが良い」と節約を第一に考える消費者が、今日の日本では着実に増えているわけです。


食品・食材の代表的な「訳あり」の説明は、「サイズや形が不ぞろいで見た目が悪い」「季節品で消費期限や賞味期限が迫っている」「梱包する箱が無かったり汚れている」「正規品の余りだけを集めている」…といったことでしょう。


訳ありのその「訳」を聞き、「こんなに安いのも、それなら納得がいく」と消費者が感じてくれるかどうかが、ポイントになります。

そのため販売者側も、「訳の説明」には、特に力を入れています

まずは理由を正直に述べないと、話を聞く側の納得が得られませんね。


ただし、それだけでは足りません。

価格の安さを補って余りある「商品の価値や品質」を、魅力的に伝えなくてはなりません。

「訳の部分」に目をつぶってでも、なお買いたくなるような商品の魅力がきちんとプレゼンテーションされていなければ、購入までにはなかなか至らないものです。


また、低価格の理由があまりに深刻なものであっても、当然にダメです。

特に口に入る食品・食材の場合は、「安全性」もクリアしなくてはなりません

食の安全に致命傷を与えかねない「訳あり」食品・食材は、いくら価格を安く設定しようとも、今日のクレバーな消費者は絶対に手を出さないでしょう。


加えて、販売者の誠実さが伝わってこない説明では、やはり消費者に警戒されてしまって売れないでしょう。

なんらかの安さの訳があるにせよ、その説明がきちんと誠実に行われることが、「訳があること」自体に価値を与え、消費者の「買ってみたい」という気持ちを刺激するのです。


さて、ネット通販には、「訳あり商品」がとてもよくなじみます


「訳あり商品」は、値段に比べて実際の商品価値がなんらかの理由でディスカウントされていることが、買う前から告知されています。

ネット通販では、基本的に実物を見ることなく、写真や販売者の説明・口コミなどを頼りに購入するのが普通です。

「訳ありなんだな」ということをあらかじめ知っていると、いわば「低い期待値」からスタートするため、支払った金額に対して大きく期待を裏切られたという感覚を、購入者が心理的に持ちにくくなるからでしょう。


「送料無料」「まとめ買いによる割引」などが組み合わされていると、私たちの購買意欲は、さらに刺激されますよね。


ここでは、そんな訳あり商品の販売プレゼンテーションの上手な食品・食材の通販サイトを、厳選してご紹介します。


「この訳でこの味ならナットク、おトク!」

訳あり食品の通販でそんな体験、あなたも一度してみませんか?

TOPPAGE  TOP 
Copyright© 2009-2016 「訳あり」食材・食事~おすすめネット通販 All rights reserved.